« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月21日 (木)

四国八十八ヶ所&別格二十霊場巡拝【第2拝】 第八十八番~一番&別格一番・1日目(2014.7.24)

朝、食事を終え、一度大窪寺へ立ち寄り、手を合わせてから出発します。

Img_38610

朝の大窪寺

Img_38620

大窪寺前を散歩していた犬dog

国道377号線を歩いていると、新道と旧道の分岐。あまり気にせず歩いていくと、前回歩いた時に覚えのない立派な高架とその先に見えるトンネル・・・
前回歩いた時はまだ工事中だったバイパスが部分開通したようです。分岐に戻って旧道を歩くことにしました。距離は長くはなさそうですが、トンネル歩きはなるべく避けたいのが本音です!

Img_38630

新道と旧道の分岐

東かがわ市(旧白鳥町)長野で小休止してさらに歩くと、いよいよ徳島県、発心の道場へと戻ってきました。

Img_38640

いよいよ徳島県へsign01

阿波市(旧市場町)にある犬墓大師堂に立ち寄り、ここでも小休止。今日はアスファルト道を淡々と歩きます。

Img_38650

犬墓大師堂(左)

切幡寺周辺で地図も香川県から、再び徳島県へ。十番→一番へと逆打ちするような感じで歩きます。
切幡寺周辺で丁度お昼になり、ちょっと回り道をしてうどん亭八幡に立ち寄り、昼食休憩。なかなかコシのあるうどんで美味しかったです。
途中九番法輪寺や七番十楽寺に立ち寄り、水分補給やトイレ休憩を兼ねて小休止。この辺りは札所間の距離が短く、小休止するにはうってつけ。助かります!

七番十楽寺→六番安楽寺の途中、今では少なくなった真念さんの道しるべがあります。後で知りましたが、地蔵さんではなく、地蔵さんの左側にある道標が真念道しるべでした。

Img_38700

真念道しるべ(左側の道しるべ)

香川ではさすがに夏場ということもあり、歩き遍路さんを見かけることは少なかったのですが、この辺りまで来るとちらほら見かけるようになりました。さすが発心の道場です。ただ、夏場ということもあり、歩かれる方は今までで1番少ないような気がしました。

そしてようやく第2拝最後のお宿、民宿寿さんに到着。前回もご馳走になった鴨鍋で夕食を頂きました。美味しいのでやみつきになりそうですgood

あてにならないタイム

八十八窪・大窪寺7:00→8:15香川・徳島県境→10:05犬墓大師堂→うどん亭八幡12:45→15:05十楽寺→15:30真念道しるべ→16:00民宿寿食堂

本日の移動距離:30.3km

累計:1270.7km

本日の歩数:53,264歩

累計歩数:2,588,638歩

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

四国八十八ヶ所&別格二十霊場巡拝【第2拝・結願】 第八十六番~八十八番&與田寺(2014.7.23)

この日は志度寺からスタート・・・する前に、まずJRに乗って三本松へ。三本松駅からタクシーを使って與田寺へ参拝します。四国には何カ所か「総奥之院」と呼ばれる寺院がありますが、與田寺もその内の1つで、前回別格二十番の残念な思い出を払拭するために、番外ではありますが、與田寺を私の心の別格寺院結願寺として参拝させて頂きました。

Img_38430

番外霊場 與田寺 本堂

朝7時過ぎだったのですが、まだ早かったのか?納経所が閉まっていたのですが、無理を言って開けて頂きました。ありがとうございます。
ちなみにここで納経印を頂けないとなると、もう今回は頂けなくなるので、本当に助かりました。タクシーの運転手さんも一緒に喜んでくれました!

駅に戻り、特急で志度駅に戻り、そこから区切り打ち再開。程なく志度寺に到着します。

Img_38440

四国第八十六番 志度寺 山門

志度寺から一路長尾寺へ。途中の玉泉寺(八十七番奥之院)を参拝し、長尾寺へ。
前回長尾寺を参拝した時はゲリラ豪雨が襲った時で、境内を見渡しながらその時の苦労を懐かしく思いました。

Img_38460

四国第八十七番 長尾寺

長尾寺で前回のゲリラ豪雨で非難した茶店に立ち寄り、ところてんを頂きました。前回はここで昼食休憩を摂ったのですが、今回はまだ時間が早そうです。前山おへんろ交流サロンで昼食休憩を摂ることとして、そそくさと出発。丁度昼頃サロンに到着しました。

Img_38480

前山おへんろ交流サロン

サロンで大休憩の後、女体山へと向かいます。前回は雨の中ダートコースを選択しましたが、今回は前回歩けなかったアスファルト道多和神社経由で向かいます。

Img_38490

県道3号線との分岐

Img_38500

多和神社

アスファルト道とはいえ、急坂はダートコースと変わらず、あえぎあえぎ登って行きます。途中から林道と別れ、旧へんろ道へ。前回日暮れ近くに上った女体山山頂手前の崖に今回もアタック!この苦労の後に山頂から眺める風景はまた格別なものがあります!

Img_38530

女体山山頂手前の崖 山頂はこの先

Img_38560

女体山 山頂(標高776m)

前回(9月)は夕暮れ時ということもあり、ひたすら下山でしたが、今回は陽も長く、納経に十分間に合いそうな時間。滑らないように慎重に下山し、無事結願寺に到着しました。
丁度団体さんと一緒になったのですが、その先達さんが「ここが大師堂です。最後の参拝です。頑張って納経しましょう。お疲れ様でした・・・」という話を後方ベンチで待っているときに聞き、「あ~、結願寺に到着したな~」という実感が湧いてきました。

Img_38590

四国第八十八番結願寺 大窪寺 山門

参拝終了後、前回もお世話になった山門前にある八十窪さんで1泊。同宿した方や女将さんと楽しいひと時を過ごさせていただきました。

お遍路はここで終わらず、一番霊山寺と別格一番大山寺へのお礼参りの旅へと続きます。

あてにならないタイム

栗林公園北口駅5:38→JR高徳線→6:42三本松駅→タクシー→6:55與田寺→タクシー→三本松駅7:39→JR高徳線・特急うずしお4号→7:57志度駅→8:20志度寺→9:40玉泉寺→10:20長尾寺→12:05前山おへんろ交流サロン →13:50多和神社→15:20女体山山頂→16:05大窪寺→16:40八十窪

本日の移動距離:19.7km(志度→大窪寺)

累計:1240.4km

本日の歩数:43,541歩

累計歩数:2,535,374歩

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

四国八十八ヶ所&別格二十霊場巡拝【第2拝】 第八十三番~八十五番(2014.7.22)

第2拝最後の区切り打ち。前日に高松市内に入って1泊。一宮寺に7時頃に着く琴電に乗り、区切り打ち再開です。

Img_38220

四国第八十三番 一宮寺 山門

一宮寺を出た後、前回同様進む方向が判らなくなったので、地図と幹線道路の案内標識を照らし合わせ、県道172号線を歩きます。国道11号線を越えて御坊川沿いに進路をとり、歩きます。川沿いは日陰が無く暑かったですcoldsweats02

Img_38230

御坊川沿いを歩く

再び国道11号線に出て、屋島寺へと歩きます。屋島寺に登る前に、ミスタードーナツでちょっと休憩。
屋島寺へ登る参道は多くの市民が登られています。

Img_38240

春日川を渡る琴電(後方は屋島)

Img_38250

四国第八十四番 屋島寺 山門

納経後、丁度昼前だったので、昼食休憩。休憩後、八栗寺へと向かいます。屋島寺から八栗寺への遍路道は急こう配で下り、慎重に下山します。

Img_38270

下山途中にあった猪対策用の扉

前回は殆ど立ち寄ることが無かった番外霊場の洲崎寺に立ち寄ります。ここには「四国遍路の父」真念の墓があります。

Img_38300

番外霊場 洲崎寺 本堂

Img_38280

真念の墓と解説板

洲崎寺を出ると、今度は八栗寺への上り坂があります。前回時間の都合で立ち寄ることが出来なかった途中の接待所に寄り、色々楽しい話を伺ってから八栗寺へ登りました。
前回と違って、山門近くに「お迎え大師」が出来ていて、そこから屋島の素晴らしい眺望を見ることができました。

Img_38330

八栗寺お迎え大師から見た屋島

Img_38360

四国第八十五番 八栗寺 山門

納経後、下山。国道11号に出て、「道の駅源平の里むれ」で、昔懐かしい琴電車両が保存されていたので、見学に向かいます。この段階で時間は既に16時をまわっており、志度寺参拝は明日ということに・・・

Img_38380

琴電335号

休憩もほどほどに出発。琴電志度駅に17時前到着。ここから前泊した高松市内のビジネスホテルへ琴電で帰りました。
この日はホテルに連泊していたので、荷物の大半をホテルに置いていた為、大変軽かったですrun

あてにならないタイム

瓦町駅6:35→琴電→6:51一宮駅→7:05一宮寺→10:00春日川→11:30屋島寺→13:40洲崎寺→15:00八栗寺→16:20道の駅むれ→16:55琴電志度駅17:00→琴電→17:35瓦町

本日の移動距離:26.0km

累計:1,220.7km

本日の歩数:53,588歩

累計歩数:2,491,833歩

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »