カテゴリー「お遍路 第2拝」の投稿

2014年9月24日 (水)

四国八十八ヶ所&別格二十霊場巡拝【第2拝・満願】 高野山奥の院・金剛峰寺(2014.8.5)

お遍路第2拝の本当の最終日、高野山へと向かいます。街の暑さとは違い、山上独特の涼しさの中でお礼参りに向かいました。

Img_38880

高野山 奥の院

お礼参りの後、納経帳にご朱印を頂きます。
納経所の方が「2回目ですね、おめでとうございます」と声を掛けて頂き、素直に嬉しかったです!

別格二十霊場・納経帳のお礼参りもう一方のお寺・金剛峰寺へと向かいました。

Img_38890

高野山 金剛峰寺

納経帳に第2拝最後のご朱印を頂戴し、高野山を後にしました。

区切り打ち日数58日(四国56日+東寺・高野山2日)

累計:1,288.2km

第1拝+第2拝累計:2429.4km

第2拝累計歩数:2,636,219歩

おわりに

5年前のシルバーウィークに思い立ったお遍路第2拝。結婚、転勤、父の死と、ライフスタイルが激変する中で別格は一部公共交通機関を使ったものの、よく歩き通すことが出来たなぁというのが実感です。この状況の中でお遍路に行くことに理解してくれた嫁に感謝!
ちなみに余談ですが、自家用車利用ですが、西国三十三ヶ所観音霊場参りも時を同じく第3拝を無事終えることが出来ました。西国三十三ヶ所は現在先達なので、申請すれば次回は中先達です!
お遍路第3拝に行きたいなぁと思いますが、時間がなく、完全徒歩遍路は、さすがに現役を引退しなければ無理と思います。次回は嫁と、公共交通機関や自家用車を併用しながら、歩けるところを無理なく歩こうと考えています。
完全徒歩遍路は、これにて終了。気が向いて、お大師様に呼ばれたら、また歩きに行くかも・・・

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

四国八十八ヶ所&別格二十霊場巡拝【第2拝・満願】 教王護国寺〈東寺〉(2014.7.30)

一般にお遍路を始める前、もしくはお遍路を終えた後に高野山奥の院へお礼参りに行くのがならわしですが、四国別格霊場の納経帳お礼参りの欄には、京都の東寺もしくは高野山金剛峰寺の納経印を押印する場所があります。そこで、まず東寺へお礼参りに行くことにしました。
近鉄東寺駅で降り、西に歩いて約10分。東寺の山門に到着しました。

Img_38830

東寺 山門

広い境内には有名な五重塔!よくドラマで京都の冒頭のシーン、新幹線とこの五重塔が撮影されています。
有料エリア内で、以前有料エリアに行ったことがあるので今回はパスします。

Img_38840

五重塔

そそくさと御影堂(大師堂)へ。

Img_38850

御影堂の山門

Img38860

教王護国寺 御影堂(東寺 大師堂)

東寺でのお礼参りも終え、あとは高野山を残すのみとなりました。

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

四国八十八ヶ所&別格二十霊場巡拝【第2拝・満願】 第八十八番~一番&別格一番・2日目(2014.7.25)

お四国最終日。お宿でプチトマトと塩を頂いて出発。この日最初で最後の難関である別格一番大山寺へと向かいます。
川沿いに山の方へ向かい、遍路道に合流。車道から旧遍路道を選択して登りますが、草は伸び、草は夜露に濡れてズボンはびしょびしょ(泣)。そしてクモの巣だらけ、いつマムシが出てもおかしくない状況。なんとか車道に出て、この先は旧へんろ道を行くのあきらめ、車道遍路道を歩くことにしました。
汗だくになって登っていくと、以前登った時には無かった休憩所が出来ていて、折角なのでここで一息入れます。

Img_38740

大山寺遍路道に新たに出来ていた休憩所

車道を延々と登り、約5年ぶりに別格一番札所に戻ってきました。

Img_38760

静けさ漂う別格一番大山寺 本堂 

納経所で納経印と数珠玉の親玉を頂戴し、下山。一番札所を目指します。地蔵寺でちょっとお参りして境内で昼食休憩。団体遍路さんが2組来られたのでそそくさと一番札所へと向かいます。
三番二番札所にも休憩がてら立ち寄って参拝。ようやく一番札所へ約5年ぶりに帰ってきました。前回は帰ってきて感動した1番札所。今回は「ようやく帰ってきたな~」という思いで山門をくぐりました。

Img_38780

鳴門市へ帰ってきました

Img_38790

四国一番 霊山寺山門に帰ってきました

霊山寺到着は午後ということもあり、境内は結構静かでした。納経を済ませ、汽車の時間まで近くの番外霊場でも行こうかと思いましたが、時間は午後3時と暑さ真っただ中!おとなしく坂東駅へ戻って暑さをしのぎ、汽車に乗りました。

大阪へ帰阪するのには高速バスがメインの移動手段ですが、第2拝のお四国で最初に使った南海電車と南海フェリーの組み合わせで帰阪することにし、徳島駅近く、遍路道沿いにある新町温泉という銭湯で汗を流して帰りました。この日1日汗でボトボトだったので、さっぱりしてフェリーに乗ることが出来ました。

Img_38810

新町温泉(徳島市)

今年8月は四国も天候不順で大雨が多く、暑かったとはいえ天気の良かった7月に歩くことが出来たのは幸せだったと感謝しています。
大雨の被害にあわれた方にはお見舞い申し上げるとともに、1日も早い復興をお祈り申し上げます。

あてにならないタイム

民宿寿食堂7:10→8:15大山寺参道休憩所→9:00大山寺→11:30地蔵寺→14:30霊山寺

本日の移動距離:17.5km

累計:1,288.2km

本日の歩数:47,581歩

累計歩数:2,636,219歩

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

四国八十八ヶ所&別格二十霊場巡拝【第2拝】 第八十八番~一番&別格一番・1日目(2014.7.24)

朝、食事を終え、一度大窪寺へ立ち寄り、手を合わせてから出発します。

Img_38610

朝の大窪寺

Img_38620

大窪寺前を散歩していた犬dog

国道377号線を歩いていると、新道と旧道の分岐。あまり気にせず歩いていくと、前回歩いた時に覚えのない立派な高架とその先に見えるトンネル・・・
前回歩いた時はまだ工事中だったバイパスが部分開通したようです。分岐に戻って旧道を歩くことにしました。距離は長くはなさそうですが、トンネル歩きはなるべく避けたいのが本音です!

Img_38630

新道と旧道の分岐

東かがわ市(旧白鳥町)長野で小休止してさらに歩くと、いよいよ徳島県、発心の道場へと戻ってきました。

Img_38640

いよいよ徳島県へsign01

阿波市(旧市場町)にある犬墓大師堂に立ち寄り、ここでも小休止。今日はアスファルト道を淡々と歩きます。

Img_38650

犬墓大師堂(左)

切幡寺周辺で地図も香川県から、再び徳島県へ。十番→一番へと逆打ちするような感じで歩きます。
切幡寺周辺で丁度お昼になり、ちょっと回り道をしてうどん亭八幡に立ち寄り、昼食休憩。なかなかコシのあるうどんで美味しかったです。
途中九番法輪寺や七番十楽寺に立ち寄り、水分補給やトイレ休憩を兼ねて小休止。この辺りは札所間の距離が短く、小休止するにはうってつけ。助かります!

七番十楽寺→六番安楽寺の途中、今では少なくなった真念さんの道しるべがあります。後で知りましたが、地蔵さんではなく、地蔵さんの左側にある道標が真念道しるべでした。

Img_38700

真念道しるべ(左側の道しるべ)

香川ではさすがに夏場ということもあり、歩き遍路さんを見かけることは少なかったのですが、この辺りまで来るとちらほら見かけるようになりました。さすが発心の道場です。ただ、夏場ということもあり、歩かれる方は今までで1番少ないような気がしました。

そしてようやく第2拝最後のお宿、民宿寿さんに到着。前回もご馳走になった鴨鍋で夕食を頂きました。美味しいのでやみつきになりそうですgood

あてにならないタイム

八十八窪・大窪寺7:00→8:15香川・徳島県境→10:05犬墓大師堂→うどん亭八幡12:45→15:05十楽寺→15:30真念道しるべ→16:00民宿寿食堂

本日の移動距離:30.3km

累計:1270.7km

本日の歩数:53,264歩

累計歩数:2,588,638歩

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

四国八十八ヶ所&別格二十霊場巡拝【第2拝・結願】 第八十六番~八十八番&與田寺(2014.7.23)

この日は志度寺からスタート・・・する前に、まずJRに乗って三本松へ。三本松駅からタクシーを使って與田寺へ参拝します。四国には何カ所か「総奥之院」と呼ばれる寺院がありますが、與田寺もその内の1つで、前回別格二十番の残念な思い出を払拭するために、番外ではありますが、與田寺を私の心の別格寺院結願寺として参拝させて頂きました。

Img_38430

番外霊場 與田寺 本堂

朝7時過ぎだったのですが、まだ早かったのか?納経所が閉まっていたのですが、無理を言って開けて頂きました。ありがとうございます。
ちなみにここで納経印を頂けないとなると、もう今回は頂けなくなるので、本当に助かりました。タクシーの運転手さんも一緒に喜んでくれました!

駅に戻り、特急で志度駅に戻り、そこから区切り打ち再開。程なく志度寺に到着します。

Img_38440

四国第八十六番 志度寺 山門

志度寺から一路長尾寺へ。途中の玉泉寺(八十七番奥之院)を参拝し、長尾寺へ。
前回長尾寺を参拝した時はゲリラ豪雨が襲った時で、境内を見渡しながらその時の苦労を懐かしく思いました。

Img_38460

四国第八十七番 長尾寺

長尾寺で前回のゲリラ豪雨で非難した茶店に立ち寄り、ところてんを頂きました。前回はここで昼食休憩を摂ったのですが、今回はまだ時間が早そうです。前山おへんろ交流サロンで昼食休憩を摂ることとして、そそくさと出発。丁度昼頃サロンに到着しました。

Img_38480

前山おへんろ交流サロン

サロンで大休憩の後、女体山へと向かいます。前回は雨の中ダートコースを選択しましたが、今回は前回歩けなかったアスファルト道多和神社経由で向かいます。

Img_38490

県道3号線との分岐

Img_38500

多和神社

アスファルト道とはいえ、急坂はダートコースと変わらず、あえぎあえぎ登って行きます。途中から林道と別れ、旧へんろ道へ。前回日暮れ近くに上った女体山山頂手前の崖に今回もアタック!この苦労の後に山頂から眺める風景はまた格別なものがあります!

Img_38530

女体山山頂手前の崖 山頂はこの先

Img_38560

女体山 山頂(標高776m)

前回(9月)は夕暮れ時ということもあり、ひたすら下山でしたが、今回は陽も長く、納経に十分間に合いそうな時間。滑らないように慎重に下山し、無事結願寺に到着しました。
丁度団体さんと一緒になったのですが、その先達さんが「ここが大師堂です。最後の参拝です。頑張って納経しましょう。お疲れ様でした・・・」という話を後方ベンチで待っているときに聞き、「あ~、結願寺に到着したな~」という実感が湧いてきました。

Img_38590

四国第八十八番結願寺 大窪寺 山門

参拝終了後、前回もお世話になった山門前にある八十窪さんで1泊。同宿した方や女将さんと楽しいひと時を過ごさせていただきました。

お遍路はここで終わらず、一番霊山寺と別格一番大山寺へのお礼参りの旅へと続きます。

あてにならないタイム

栗林公園北口駅5:38→JR高徳線→6:42三本松駅→タクシー→6:55與田寺→タクシー→三本松駅7:39→JR高徳線・特急うずしお4号→7:57志度駅→8:20志度寺→9:40玉泉寺→10:20長尾寺→12:05前山おへんろ交流サロン →13:50多和神社→15:20女体山山頂→16:05大窪寺→16:40八十窪

本日の移動距離:19.7km(志度→大窪寺)

累計:1240.4km

本日の歩数:43,541歩

累計歩数:2,535,374歩

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

四国八十八ヶ所&別格二十霊場巡拝【第2拝】 第八十三番~八十五番(2014.7.22)

第2拝最後の区切り打ち。前日に高松市内に入って1泊。一宮寺に7時頃に着く琴電に乗り、区切り打ち再開です。

Img_38220

四国第八十三番 一宮寺 山門

一宮寺を出た後、前回同様進む方向が判らなくなったので、地図と幹線道路の案内標識を照らし合わせ、県道172号線を歩きます。国道11号線を越えて御坊川沿いに進路をとり、歩きます。川沿いは日陰が無く暑かったですcoldsweats02

Img_38230

御坊川沿いを歩く

再び国道11号線に出て、屋島寺へと歩きます。屋島寺に登る前に、ミスタードーナツでちょっと休憩。
屋島寺へ登る参道は多くの市民が登られています。

Img_38240

春日川を渡る琴電(後方は屋島)

Img_38250

四国第八十四番 屋島寺 山門

納経後、丁度昼前だったので、昼食休憩。休憩後、八栗寺へと向かいます。屋島寺から八栗寺への遍路道は急こう配で下り、慎重に下山します。

Img_38270

下山途中にあった猪対策用の扉

前回は殆ど立ち寄ることが無かった番外霊場の洲崎寺に立ち寄ります。ここには「四国遍路の父」真念の墓があります。

Img_38300

番外霊場 洲崎寺 本堂

Img_38280

真念の墓と解説板

洲崎寺を出ると、今度は八栗寺への上り坂があります。前回時間の都合で立ち寄ることが出来なかった途中の接待所に寄り、色々楽しい話を伺ってから八栗寺へ登りました。
前回と違って、山門近くに「お迎え大師」が出来ていて、そこから屋島の素晴らしい眺望を見ることができました。

Img_38330

八栗寺お迎え大師から見た屋島

Img_38360

四国第八十五番 八栗寺 山門

納経後、下山。国道11号に出て、「道の駅源平の里むれ」で、昔懐かしい琴電車両が保存されていたので、見学に向かいます。この段階で時間は既に16時をまわっており、志度寺参拝は明日ということに・・・

Img_38380

琴電335号

休憩もほどほどに出発。琴電志度駅に17時前到着。ここから前泊した高松市内のビジネスホテルへ琴電で帰りました。
この日はホテルに連泊していたので、荷物の大半をホテルに置いていた為、大変軽かったですrun

あてにならないタイム

瓦町駅6:35→琴電→6:51一宮駅→7:05一宮寺→10:00春日川→11:30屋島寺→13:40洲崎寺→15:00八栗寺→16:20道の駅むれ→16:55琴電志度駅17:00→琴電→17:35瓦町

本日の移動距離:26.0km

累計:1,220.7km

本日の歩数:53,588歩

累計歩数:2,491,833歩

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

四国八十八ヶ所&別格二十霊場巡拝【第2拝】 別格二十番(2014.6.16)

瓦町駅6:44のバスに乗り、塩江へ。塩江でトイレ休憩の後、一路大窪寺へ出発します。現在は椛川ダム(かばかわダム)工事の為、途中にもトイレがありますが、基本的に寺院も含めてトイレはこの塩江の道の駅が最初で最後です。

Img_37850

県道106号線を登る

大型車がひっきりなしに通るので、至る所に交通整理の警備の方がいらっしゃり、中には声を掛けてくださる方もいて、色々お話を伺うことができました。昔は集落があり、子供が自転車で県道を走る姿も見られなくなったとか、イノシシが出没するとか…
住人が殆どいなくなった今、交通整理の方がいなければ、ひたすら自然の中を歩く1日になっていたかもしれません。

Img_37860

ダム工事が至る所で行われています

途中1カ所だけベンチ(ダム工事事務所前)があったので、そこで休憩。ダム工事が終わる頃、県道は急坂となってさらに登って行きます。

Img_37890

県道をさらに登る

Img_37900

途中にあったトイレ 使えるのだろうか???

何度もヘアピンカーブを曲がり、県道を登って行きます。若者集いの家のところでも交通整理の方とお話しさせて頂きました。その少しの休憩で気が付いたのが、空気がさわやかになっている事。相当高度を上げてきたようです。

Img_37910

県道106号からの眺め

Img_38010

若者集いの家

ひたすら登り続け、ようやく大瀧寺に到着しました。

 

Img_38000

四国別格二十番 除厄山 大瀧寺 本堂

前回も今回も含めて一番残念だった事。このお寺の納経所の方との会話の中で、小生が八十八番札所から歩いてきたのではなく、八十二番を打ち終わったところで先に公共交通機関を使って別格二十番札所を打ったことに関し、「インチキ」と呼ばれたこと。
札所は番号通りに打つ必要はなく、第2拝を始めたころと違い、ライフスタイル(結婚や転勤等)が大きく違う中、なんとか貴重な時間を使って歩いてきました。そんな中なんとか別格を打つ中で別格については公共交通機関を使うもやむを得ないと判断したのは自分自身であり、百八ヶ所をすべて歩き通したといえばインチキになるかもしれませんが、札所を打つ順番を変えたり、公共交通機関を使ったりする事がインチキにあたるのか?
お寺は非常に良いのに、この会話で非常に残念に思いました。ちなみに本霊場の八十八ヶ所はまだ歩き続けています。

もやもやしながら下山。もやもやと汗を洗い流すべく、新樺川観光ホテルで日帰り入浴をして、バスに乗りました。今回の区切り打ちはここまで。

あてにならないタイム

瓦町6:44→ことでんバス→7:31塩江→7:55落合橋→8:40椛川ダム工事事務所ベンチ→10:20若者集いの家→10:55大瀧寺→14:20新樺川ホテル→塩江15:30→ことでんバス→16:18瓦町

本日の移動距離:24.8km(塩江-大瀧寺往復)

累計:1194.7km

本日の歩数:55,230歩

累計歩数:2,438,245歩

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

四国八十八ヶ所&別格二十霊場巡拝【第2拝】 第八十番~八十二番&別格十九番(2014.6.15)

国分駅を7:02に着く電車に乗り、親切に車掌さんに国分寺への行き方を教えて頂いて無事お寺に到着。昨日到着が17時を過ぎ、納経が出来なかったので、改めて納経します。

Img_37500

四国第八十番 国分寺

納経後、休憩もほどほどに白峯寺へ向かいます。八十一番→八十二番は遍路ころがし。急坂を登って行きます。

Img_37530

遍路道途中で見ることができる白い岩肌

Img_37540

高度を上げてきました

Img_37600

四国第八十一番 白峯寺 山門

納経後、小休止・水分補給をしてから出発。山道を歩き、根香寺に到着。ここで納経後、昼食休憩をとり、別格への道をたどります。

Img_37620

四国第八十二番 根来寺 山門

Img_37630

根来寺前から延びる香西寺への遍路道

Img_37640

香西寺への遍路道

遍路道を下っていくと、途中でいのししよけの柵があり、扉を自分で開けて再び閉めておくというもの。その付近から果樹園?の中を通るまでは良かったのですが、アスファルト道に出てからは、ありがたいことに遍路矢印は結構貼ってあるものの、結構曲がらなければならない道が多く、地図上どこにいるのかさっぱりわからない状況になりました。
矢印を見失わないよう注意深く歩き、無事香西寺に到着しました。

Img_37670

香西寺遍路道からの眺め

Img_37720

四国別格第十九番 宝幢山 香西寺 本堂

香西寺からは市街地を歩き、程なく鬼無駅へ。ここで小休止して、一宮寺へと向かいます。前回は香東川沿いを歩きましたが、今回は沈下橋を渡るルートを選択します。
沈下橋や、両サイドに小川が流れる遍路道など、楽しいコースでしたが、ホームセンター敷地に入ったあたりで道に迷い、一旦県道に出て事なきを得ました。

Img_37790

香東川にかかる沈下橋

Img_37800

両サイド小川に挟まれた遍路道

一宮寺付近に到着したのは丁度17時頃。納経は次回にし、そのまま琴電一宮駅へ向かいました。

あてにならなタイム

7:02国分駅→7:10国分寺→9:30白峯寺→11:45根香寺→14:00香西寺→15:10鬼無駅→16:00沈下橋→17:10一宮駅

本日の移動距離:25.9km

累計:1169.9km

本日の歩数:60,249歩

累計歩数:2,383,015歩

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

四国八十八ヶ所&別格二十霊場巡拝【第2拝】 第七十八番~七十九番&別格十八番(2014.6.14)

この日、朝1番の新幹線とマリンライナー等を乗り継いで、海岸寺駅へ。駅から徒歩5分位で海岸寺本堂へと到着します。
納経所の方が是非本堂へ上がって参拝を・・・との声に甘えさせて頂き、本堂にて静かに参拝させていただきました。

Img_37250

四国別格第十八番 経納山 海岸寺 本堂

境内を見渡しましたが、大師堂がないな~と思い、納経所の方に伺うと、奥之院にあるとの事。本堂から歩いて約5分のところにある奥之院へ移動。こちらも本堂へ上がって参拝してくださいとの声に甘えさせて頂き、参拝させて頂きました。
納経印は既に本堂で受けさせてもらったのですが、奥之院でも本堂とは別に納経印があるとの事で、折角なので頂戴することにしました(本堂とは別に¥300が必要です)。

Img_37280

海岸寺奥之院(大師堂)

まださほど歩いていないので、納経所のかたとお話しさせて頂いた後、すぐに出発。県道21号線から少し入ったところに番外霊場の佛母院があります。

Img_37290

番外霊場 佛母院

県道21号線を一路多度津へ向かって歩いていきます。途中道路が広くなり、そういえば遍路シールを見かけなくなったな~と思いつつ、丸亀方面へと歩いていくと、途中で県道からそれ、さぬき浜街道という道に進んでいたようです。多度津市街・役場方面へ向かい、再び県道21号線へもどると、丁度JR四国の多度津工場前にやってきました。

Img_37320

JR四国多度津工場

程なく道隆寺に到着。ここで小休止。郷照寺へと向かいます。丸亀を過ぎ、途中でお昼になり、餃子の王将があったのでそこで昼食。都会へ出てきたなぁ~と実感します!
腹が満たされてさらに前進。郷照寺に到着します。

Img_37390

四国第七十八番 郷照寺 山門

続いて天皇寺へ向かいます。天皇寺の手前に八十八のところてんがあり、前回は夏場ということもあり行列になっていましたが、今回は空いていたのでちょっと寄り道。

Img_37400

八十八(やそば)のところてん

Img_37430

四国第七十九番 天皇寺 山門

鴨川駅近くの国道沿いにあるコンビニで水分補給。遍路道に戻るのもめんどうなので、そのまま国道11号線を歩きます。途中で遍路道も国道に合流。国分駅に到着しました。
17時をまわっていたので、国分寺は次の日におあずけ。お宿は国分寺周辺の民宿ではなく、連泊予約してある高松市内のホテルへJRで移動しました。

Img_37460

国分駅で子育て中のツバメ

あてにならないタイム

8:33海岸寺駅→8:40海岸寺→9:00海岸寺奥之院→→9:40佛母院→10:30JR四国多度津工場前→11:00道隆寺→13:10郷照寺→15:10八十八ところてん→15:25天皇寺→17:20国分駅

本日の移動距離:17.5km

累計:1,144km

本日の歩数:55,499歩(ホテル周辺散策歩数等も含む)

累計:2,322,766歩

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

四国八十八ヶ所&別格二十霊場巡拝【第2拝】 第七十六番~七十七番&金刀比羅宮・別格十七番(2014.5.13)

区切り打ち最終日。昨日から降っていた雨もあがり、快晴!朝食・清算後、荷物をお宿に置かせて頂き、金刀比羅宮へと向かいます。
金刀比羅宮は札所ではないものの、古くからお遍路さんは「こんぴら参り」を行っていたようで、丁度琴平に泊まったのも何かのご縁。10数年ぶり?に「こんぴら参り」をすることにしました。
お宿を出て程なく階段。御本宮まで785段の階段ですsweat01

Img_36800

金刀比羅宮への階段その1

Img_36820

金刀比羅宮への階段その2

Img_36830

猫がごろごろcat

約40分で御本宮に到着。朝が早いこともあって、境内は観光客の姿もまばらで、静かに参拝することができました。
参拝後、参拝記念にと、納経帳にご朱印を頂くことにしました。

Img_36900

金刀比羅宮 御本宮

お宿に戻り、預けておいた荷物を引き取り、お礼を述べてお宿を出発。まんのう町に入り、のんびり歩き、丘を登って行くと、満濃池があります。池というよりダム湖という感じです。なんでも弘法大師さんは今のダムに通じる技術で池の改修を行ったそうで・・・

Img_36940

満濃池

満濃池のほとりに別格十七番神野寺があります。池が雄大なせいか、こじんまり見えます。

Img_37000

四国別格十七番五穀山 神野寺 本堂

納経後、池のほとりの小屋で休憩。ここでJR塩入駅のダイヤを調べます。丁度1時間後くらいに琴平行きがあり、これを逃すと約3時間列車は来ません。汽車に乗ると歩き通しではなくなりますが、今回の遍路では既に2回乗り物に乗っています(三番近くのお宿へのお接待の車、別格三番近くのお宿から鶴林寺登山道へのお宿の車)。
また、歩いてわかったのは、別格巡拝道は八十八ヶ所遍路道と違い、歩く人も少なく、故にベンチやトイレ等も基本的には無いということもわかりました。
そこで別格については乗り物も併用することとし、神野寺からJR土讃線塩入駅へ向かうことにしました。
塩入駅へは池のほとりのルートと、県道ルートがあり、前者はしばらく登りがあるようなので、UPDOWNの少なそうな県道ルートを選択。この区間は地図に掲載されていない(東方1.9kmの記載有)ので、勘が頼りです。JR跨線橋を渡り、県道を逸れ、線路を左に見ながら歩いていくと踏切があり、踏切から駅が見え、ほっとしました!
ちなみに満濃池から善通寺まで、歩きとおせば約3~4時間。汽車は途中の琴平乗換を含めても約15分。ありがたいです~

Img_37040

JR土讃線塩入駅

善通寺駅で汽車を降り、丁度昼時ということもあり、牛丼店で昼食をとり、金倉寺、道隆寺と順調に札所を打つことができました。

Img_37060

四国第七十六番 金倉寺 山門

Img_37070

黄金色を放つ麦

Img_37080

四国第七十七番 道隆寺 山門

今回のお遍路はここまで。道隆寺近くにある多度津駅へ向かい、お四国を後にしました。

Img_37090

多度津駅前にあるSLハチロク(8600型)

あてにならないタイム

一心館7:05→7:40金刀比羅宮→9:20県道200号線・吉井橋→9:50満濃池・神野寺→11:00塩入駅→11:19→JR(琴平乗換)→11:36善通寺駅→12:30金倉寺→13:55道隆寺→14:25多度津駅

本日の移動距離:19.1km(JR乗車分除く)

累計:1126.5km

本日の歩数:37,191歩

累計歩数:2,267,267歩

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧