カテゴリー「鉄道」の投稿

2017年6月28日 (水)

東北18きっぷの旅⑤ 東北本線盛岡→東京 2016.8.23

この日はひたすら東北本線移動。
故に写真は下の1枚のみ(汗)

Img_4789
東北本線 福島

旅のおさらい2016夏
盛岡7:16→1528M→8:50一ノ関9:00→526M→9:47小牛田9:52→2536M→10:38仙台10:50→快速3582M→12:03福島12:20→1142M→13:07郡山13:50→2140M→14:53黒磯14:57→654M→15:47宇都宮16:11→1583E→18:00東京22:00→サンライズ出雲・瀬戸5031M(別料金)→
本日もご高覧頂き、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2016年11月 1日 (火)

東北18きっぷの旅④-2 小岩井農場の20系客車 2016.8.22

20系客車が引退し始めたころ、各地にブルートレインホテルができましたが、老朽化に伴い、現在20系客車を使用して営業しているところはありません。小岩井農場にもブルートレインホテルがありましたが、現在は放置されています。
車番はナハネ20-352・355・363ですが、どれがどれだかさっぱり判りません。写真からも判るように、D51-68後方には柵があり、20系客車に近づくことはできません。

Img_4785

小岩井農場の20系客車

Img_4786

20系客車反対側サイドビュー

D51-68は「なめくじ」型。これはこれで貴重です。露天ですが、D51の方が状態が良いのは、やはり鋼鉄製だからでしょうか?

Img_4783

D51-68

鉄道車両を保存するというのがいかに大変か?というのを目の当たりにした感じがしました。

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。



| | コメント (0)

2016年10月23日 (日)

東北18きっぷの旅④-1 小坂レールパーク&小岩井農場 2016.8.22

ブルートレインあけぼのをチェックアウト後、事前に予約しておいた小坂レールパークのディーゼル機関車運転体験をすることにします。10時まで時間があるので、構内を見学します。機関庫内にはDD130型ディーゼル機関車や、DD13型ディーゼル機関車、エボルタ号等が保存されています。

Img_4742

DD130型ディーゼル機関車

Img_4743

DD13型ディーゼル機関車

Img_4746

パナソニック エボルタ電池号

さて、今回運転するDD133に乗り込みます。スタッフの方の親切丁寧な指導の下、写真では判りづらいですが、鉄塔手前のポールまでの約100mを1往復します。自動車やバストは違うエンジン音や振動に感動しつつ、緊張しながらあっという間に楽しい時間が過ぎていきました!

Img_4737

今回運転するDD133

Img_4740

鉄塔の手前のポールまで1往復運転

Img_4747

ブレーキテスト中

Img_4749

折り返し「出発進行!」

今回体験したのは「お試しコース」。本来の「運転士への道コース」では写真の鉄塔の奥まで行くそうで、観光トロッコに乗ってそのコースをたどってみることにしました。構内には小坂鉄道時代には既に予備車か廃車になっていたであろう荒れ果てたキハ2100が痛々しい姿を見せています。しかし貨物営業をしていた駅だけあって、構内は相当広かったです。

Img_4762

荒れ果てたキハ2100

Img_4764

観光トロッコ折り返し地点からポイント分岐の眺め

Img_4765

小坂レールパーク構内

キハ2100が荒れ果てているので、現役の時の雄姿を・・・

Img2120

キハ2100現役の雄姿(1991.3 大館)

小坂レールパークを楽しんだ後は、レンタカーにて小岩井農場へ移動。昼食や散策、お土産タイムとなりました。

Img_4778

小岩井農場 1号牛舎

Img_4775

1号牛舎内の様子

Img_47800

小岩井農場モーモーライナーtaurus

この後、盛岡にてレンタカーを返却。本来は晩飯に盛岡冷麺を食べに行くところ、台風接近により、大人しくホテルでコンビニ弁当を食べたのでした・・・

旅のおさらい2016夏

8/21(日)レンタカー 北上8:00→平泉→遠野→小坂

8/22(月)レンタカー 小坂→小岩井農場→盛岡

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2016年10月11日 (火)

東北18きっぷの旅③-2 ブルートレインあけぼの 2016.8.21~22

Img_47310

レンタカーで北上から平泉へ一旦南下、遠野を経由してようやく本日のお宿小坂レールパークブルートレインあけぼのに泊まります。東北自動車道小坂ICで高速を降り、途中のコンビニで今晩の食材とアルコール一式をGET。18時過ぎに到着しました。駅舎は往時の小坂駅の雰囲気をよく伝えています。

Img_4712

小坂レールパーク 小坂駅舎

車両は
オハネフ24-12・オハネ24-555・スロネ24-551・カニ24-511
の4両で、A寝台車のスロネ24-551が今宵のお宿です。

Img_4715

小坂駅ホームにたたずむ24系

さて、この24系。全国でもここだけという、動態で保存されているブルートレインです。実際に動くのは宿泊前後の転線の時だけなのですが、ここで問題なのは電源。多分昔ならカニ24のディーゼル発電機でも焚いていたのでしょうけど、夜間動かない車両にディーゼル発電機を動かすというのは、環境の面からも問題・・・
カニは荷物室が改造され、ここに電源(変電・蓄電設備かな?)が搭載、フェリーが港に停泊しているときと同じく、外部電源をコンセントに差し込んで電源をまかなっていました。

Img_4723

カニ24 電源の関係か、ここは屋根付き

では車内の様子を・・・

Img_4729

スロネ24-551 通路

Img_4735_2

スロネ24-551 室内

A寝台スロネ24-551はコンセントが使えるので、携帯電話の充電等は便利です。洗面台・洗面所・トイレは使用禁止。駅舎内の公共トイレを利用します。また、飲食も禁止のため、駅舎内の飲食スペース(TVやポット、ソフトドリンクの自動販売機有)を利用することになります。喫煙は外の指定場所での喫煙となります。
また、風呂はないですが、男女別のシャワールームが駅舎内にあり、汗を流すことができます。これがめちゃめちゃきれいで、嫁さんも「女性でも使いやすかった」と喜んでいました。

Img_4718

オハネ24-555 通路

B寝台個室のオハネ24-555は基本A寝台と一緒。但し、コンセントがないため、携帯電話等の充電は駅舎飲食スペースのコンセントを利用することになります。

Img_4716

オハネフ24-12 車内

こちらは昔ながらのB寝台解放。寝泊りできませんが、この車両のみ飲食可となっています。私は嫁さんと駅舎の飲食スペースで食事の後、ここで日本酒を「ちびちび」飲んで、夜行列車の雰囲気を味わったのでした。

Img_47300

夜が更ける・・・moon3

翌日は事前に注文していた弁当をB寝台解放で食べ、朝9時のチェックアウト。ここで解放B寝台へと移動。車両の転線作業を車内で過ごすことができます。あ~できればこのまま旅に連れていってくれればなぁ・・・
この日宿泊していた別の家族の子供(男の子)は特にそう思っていたようで、チェックアウトの時は「部屋に帰りたい~(泣)」、転線作業終わった後も「わぁー」(泣)と泣いていたので、余程楽しかったんでしょうね~。そりゃオッサンになった私も楽しかったですから・・・

Img029

現役の頃のあけぼの 奥羽本線鶴ヶ坂 2003.12.30

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2016年10月 6日 (木)

東北18きっぷの旅②きらきらうえつ・リゾートみのり 2016.8.20

この日は新潟から北上へ向かいます。JR東日本が各地で走らせているリゾートトレインに2列車も乗ります。ゆったりシートで、嫁さんもリゾートしらかみに乗車以来、お気に入りです。新潟からはきらきらうえつで酒田へ向かいます。車両は485系。先日引退しましたが、まだ485系サウンドはここで生きています!

Img_4666

快速きらきらうえつ(新潟)

Img_4675

きらきらうえつからの前面ビュー(羽越本線坂町-平林)

村上を出ると、昔はお決まりだった儀式、交直セクションの通過で一旦電気が消えます。最近の電車はセクション通過しても、室内灯は点灯したままですが、さすが485系です!
交直セクションを通過すると、日本海が目前に迫ります。名勝笹川流れです。

Img_4676

Dsc_05590

きらきらうえつの「売り」日本海の眺め・・・笹川流れ付近か?

電車が北上するうち、どこの駅だったか?JR協力・地元の方の車内販売なるものがあり、ついつい枝豆(だだ茶豆ではないが、なんとか茶豆・・・品種忘れた)を購入。これでは飽き足りず、電車の売店コーナーに行って缶ビールもGET!!!

Img_4684

枝豆にはやっぱりこれだな(笑)

羽越本線が日本海から離れていくと、程なく酒田。ここで酒田ラーメンを食べにTVでも取り上げられたことのある三日月軒中町店へ。ただ、途中道を間違えた上、次の汽車の発車時間が迫り、あわただしく食べたという悲しい結末(泣)
あっさりしょうゆ味のラーメン、次回はゆっくり食べたいものです(汗)

Img_4685

酒田ラーメン

陸羽西線快速「最上川」になんとか間に合い新庄へ。新庄からは陸羽東線快速リゾートみのりで東北本線小牛田へ。この列車は地元の方が扮する「松尾芭蕉」一行が乗っていて、にぎやかでした・・・もう少し乗車率あればなぁ~。某国の外国人さんが結構乗っていて、車内でタブレットで電話したりで「別の意味」で賑やかでした(汗)

Img_4686

快速リゾートみのり(新庄)

Img_4694

運転席後部にある「こけし」

峠付近では結構雨も降っていましたが、小牛田に着く頃には雨も上がり、東北本線に乗り換えて一路北上へ。今宵はここで一泊。事前に調べていた居酒屋は満席で、結局チェーン店居酒屋で一杯beer

旅のおさらい2016夏・・・
8/20(土)
新潟10:13→快速きらきらうえつ8871M→12:51酒田14:00→快速最上川3132D→14:52新庄15:00→快速リゾートみのり8728D→16:59小牛田17:37→541M→18:24一ノ関18:40→1549M→19:19北上

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2016年10月 5日 (水)

東北18きっぷの旅①新潟・弥彦神社 2016.8.18~19 

はじめに・・・

最近はfacebookばかりで、ブログは更新はおろか、閉鎖も考えていたのですが、コメントがつくと「頑張ろう!」という気持ちになります、ありがとうございます。弊ブログは2006年9月に開始して丸10年が経ちました。旅行記を中心に再開したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

今夏は18きっぷで東北に行くことを計画していました。目的地は奥州平泉と小坂レールパークです。仕事の休みが確定してから旅程を練り上げました。まずは大阪から新潟へ向かうのですが、以前のように北陸本線経由では行けない(北陸本線の金沢以北が3セクになってしまった)ので、「ムーンライトながら」で一旦東京へ行き、高崎・上越線を北上。ホテルにチェックインするには早すぎるので、弥彦神社へお参りに行くことにしました

Img_4648

快速ムーンライトながら(大垣)

高崎駅では引退迫る115系に遭遇!かつては各地で見られた光景ですが・・・

Img_4649

高崎駅では引退迫る115系が仲良く揃う(高崎)

水上からはE129系が幅を利かせます。車内は途中まで谷川岳へ向かう山男・山ガールで混雑!
長岡で昼食をとり、東三条で弥彦線に乗り換え。弥彦線は私の数少なくなったJR未乗路線でもあります。

Img_4653

新潟地区もステンレス車が増えてきました (吉田駅)

Img_4657

弥彦駅に到着(弥彦)

駅から徒歩約15分、弥彦神社に到着。境内が広いですね~

Img_4660

越後一宮 弥彦神社 

この後新潟駅に向かい、ビジネスホテルで一泊しました。越後線は115系がやってきました。115系だと最近のJR車よりも旅してるなぁと思うのは私だけでしょうか???

Img_4664

115系新潟色(吉田)

旅のおさらい2016夏・・・

8/18(木)
大阪19:00→新快速3541M→20:25米原20:35→新快速2372F→21:07大垣22:49→快速ムーンライトながら9390M→...

8/19(金)
→5:05東京→上野5:43→823M→7:29高崎8:24→727M→9:31水上9:47→1731M→11:46長岡12:39→445M→12:08東三条12:11→232M→12:45弥彦15:15→273M→15:24吉田15:39→159M→16:33新潟

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2015年10月24日 (土)

ブルートレインたらぎ(2015.10.15)

ブルートレインが廃止され、夜行列車も非常に少なくなった今、熊本県球磨郡多良木町にあるブルートレインたらぎで往年の雰囲気を気軽に味わえるということで、嫁さんと2人で訪問しました。

はやぶさには2008年に東京→熊本間乗車しています。その記録は寝台特急はやぶさに乗るその1寝台特急はやぶさに乗るその2にまとめてあります。

くま川鉄道多良木駅で下車。徒歩2分で到着です。14系の丸い顔が出迎えてくれました!

Img_4381

ブルートレインたらぎの顔 スハネフ14-3

テールマークは少し傷んでいますが健在です!

Img_4385

はやぶさのテールマーク

Img_4384

サイドは東京行き

編成は湯前方からスハネフ14-3、オハネ15-6、オハネ15-2003の3両で、車両が傷まない様、屋根が掛かっています。保存に力を入れているのがよく判り、鉄道ファンとしては嬉しい限りです。

Img_4388

オハネ15-2003の妻面

Img_4387

ロゴマーク

フロントのある中間車オハネ15-6は車内の寝台が撤去され、フリースペースとして飲食等できます。
尚、車内にあるのはお湯と電子レンジがサービスでありますが、近くのコンビニ(ローソン球磨多良木店)やスーパー(ゆめマート多良木店)で飲食物を買ってきて、ここで食べるということになります(ソフトドリンクの自動販売機が出入り口付近にあります)。寝台内では飲食禁止。現役当時のように寝台でお酒を飲みたいところですが、施設を末永く使うために、このフリースペースで一杯やるとしましょうbeer

Img_4397

オハネ15-3の車内

洗面所はスハネフ14-3、オハネ15-2003は改造され、水道が使えます。トイレは車両に初めからついているトイレについては使用禁止。その代り、スハネフ14-3とオハネ15-2003には、車内から直接行ける形で洗面所と温水便座式洋式トイレがあります。

Img_4396

オハネ15-3の洗面台(こちらは使用出来ない)

スハネフ14を見学させてもらいました。車内には昔懐かしいリネンの匂いがただよっていました。

Img_4398

スハネフ14-3車内

Img_4401

栓抜き

今回宿泊したのは個室のオハネ15-2003です。車内は寝具(シーツ、毛布、枕)が備え付けてあります。浴衣は無いので、パジャマ等持参するとよいでしょう。
寝台列車には基本的に無い入浴施設ですが、チェックインの際、近くのえびすの湯に入れる無料入浴券がついてくるので、これで汗を流してさっぱりしましょう!(営業時間・休館日に注意)

Img_4393

オハネ15-2003車内

Img_4395

オハネ15-2003洗面台

Img_4394

オハネ15-2003にある冷水器(使用禁止)

Img_4404

オハネ15-2003寝台内

Img_4405

郷愁に浸る・・・(キーホルダーを持ち込みました!)

うーん、これで動いてくれたら最高・・・なのですが、列車は動くことがありません。たまに隣接するくま川鉄道の列車の音がする位。それでも往時の雰囲気は十分堪能できました。
次回宿泊は解放ハネに泊まってみたいです!

Img_4403

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (2)

2014年11月25日 (火)

神戸臨港線廃線跡を歩く(2014.11.21)

2003年(平成15年)に廃止された神戸臨港線(東海道本線貨物支線)。神戸港駅からはさらに支線が湊川駅や摩耶埠頭駅まで伸びていましたが、私がよく覚えているのは、国道2号線サイドにあった神戸港駅。今回は東灘信号場から神戸港駅までの3.4kmを歩いてみることにしました。
神戸港駅付近は、まだ営業していた頃(2003.11.24)に訪問しています。その頃の写真には※をつけています。

東灘信号場には、保線基地とヤードがあったと思いますが、ヤード部分についてはマンション工事と新駅工事の真っ最中。東海道本線の下をくぐるアンダーパスがあったはずですが、さっぱり判りません。

Img_39850

東灘信号場 門標

岩屋橋の北(アンダーパスを出てきた辺り)はマンションになり、廃線跡はさっぱり判りませんが、南側は地形がゆるやかにカーブしており、廃線跡ということがよく判ります。
途中の小さな公園には、線路も残されていました。車止めもありましたが、実際にここに車止めがあった訳ではなく、多分どこかから、もしくは神戸港駅から持ってきたモニュメントということでしょう。

Img_39880

駐車場→奥のマンション方面へ向かう廃線跡

Img_39910

公園にあった線路と車止め

廃線跡は再び妙に細長いマンションと化しますが、途中で立派な遊歩道になります。この遊歩道は国道2号線の架道橋付近まで続きます。

Img_39920

廃線跡は遊歩道へ

途中歩いていると、現役当時の標識や防護こう(桁下・・・)等が残っています。橋げたの一部は煉瓦積みで、明治期から続いた、この路線の歴史の長さを物語っています。

Img_39950

線路内立ち入り禁止の警告看板

Img_39960

防護こうと煉瓦積みの橋桁

しばらく遊歩道を歩くと、遊歩道沿いに模型用の線路が敷かれているのに気付きます。何かイベント等で使われているのでしょうか?

Img_39980

模型の線路が遊歩道沿いに敷かれている区間

神戸臨港線最大の遺構、阪神国道架道橋に到着。安全のため、側壁に金網が設置されていますが、現役時代のように架線柱が残されています。

Img_40020

阪神国道架道橋①

以前訪問した時と比較してみます。架線が無くなったのと、後方の建物にドンキホーテが出来たくらいで、現役時代と殆ど変りません。ただ、橋げた辺りにあった銘板が見当たりませんでした。撤去されたのでしょうか?

Img_40040

阪神国道架道橋②

Pict00090

※ 現役時代の阪神国道架道橋

Pict00100

※ 大阪鉄道管理局の文字が懐かしいですsign03

橋を渡ると、線路やキロポスト等が残されています。線路には草木が生えていて、廃線跡そのものの雰囲気を醸しだいています。

Img_40030

架道橋サイドに残されている線路

この付近で遊歩道は終わり、廃線跡は震災復興住宅の敷地に飲み込まれます。ただ、廃線跡自体は駐車場であったり、緑地になっていて、その雰囲気を残しています。

Img_40100

緑地がかつての臨港線

HATゆめ公園には煉瓦積みの下水道の遺構や臨港線の煉瓦積みの架道橋、近くにあった川崎製鉄のフライホイールがモニュメントとして残っています。

Img_40120

煉瓦積みの下水道と架道橋の遺構(モニュメント)

Img_40140

フライホイールの遺構(モニュメント)

新生田川を渡った辺りから神戸港駅です。神戸港駅構内に入るところにかつて踏切があり、現役当時の写真をスナップしていました。新生田川に架かっていた橋梁は撤去され、跡形もありません。

Img_40170

神戸港駅より東灘信号場側 鉄道があった痕跡はない

Pict00160

※ 3線分の橋梁がかつてあった

神戸港駅構内はコインパーキングと神戸震災復興記念公園になっていて、こちらもかつて貨物駅があった痕跡は地形でわかるのみとなっています。

Img_40180

かつての神戸港駅 手前駐車場 奥が公園

Pict00130

※ この付近から広大な貨物駅が広がる

Pict00170

※ 上の写真の左側のズーム

Pict00150

※ 上の写真の右側のズーム EF200とDE10が休む

Pict00140

※ 写真を撮影した踏切廃止を周知する看板

Pict00110

※ 踏切に貼ってあったファンの感謝メッセージ

神戸港駅の入り口を探しますが、イマイチよく判りません。この交差点かな?と写真を撮影しましたが、撮影した交差点ではなかったようです(もう1つ西側の交差点だったようです)。陽も暮れてきたので、これにて打ち止め。帰路につきました。

Img_40190

下の写真と少し場所が違うが、雰囲気をどうぞm(__)m

Pict00180

※ 神戸港駅 入り口

Pict00200

※神戸港駅 駅舎

神戸港駅が廃止されて約10年。その間浪速貨物駅等の昔ながらの貨物駅が無くなり、もっと貨物駅を記録しておけばよかったなぁと後悔していますdown

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

京阪神近郊区間大回りの記録【キハ181系あさしお】(1987頃)

Img1320

特急あさしお キハ181 101
番号からして中間車キハ180改造のキハ181だったんですね~

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

京阪神近郊区間大回りの記録【485系雷鳥】(1987頃)

Img1310

一路大阪へ向かう485系雷鳥

まだJRになった頃なので、ボンネット側面にJNRマークが残っています!

本日もご高覧いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧